Menu

デジタルノイズ & HDR フォトグラフィー

完全な ライティング条件で、ISO 設定をあなたのカメラに可能な限りの最低値にできないならば、デジタルフォトグラフィーにおいてノイズはほぼ避けられません。これはデジタルカメラのセンサーの設計に起因するものです。光が不十分だったり ISO 感度が高い状況で撮影すると画像粒子が粗くなったり、変な色の点や斑点が写真全体に写りこんでしまうのです。簡単に言えば、 ISO 感度が高いほど画像のノイズがひどくなるということです。

この2枚はビフォー写真です:デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 1デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 2

さてこれをどのように HDR 画像に適用するのでしょうか。トーンマッピングと HDR には、画像上に存在するノイズを 増幅させるという性質があります。もし何枚か ISO 感度の高いブラケットがあれば、その HDR 画像は最初よりさらにノイズがひどくなるという結果になります。ISO 感度をそれぞれ400にした3枚のブラケット撮影写真を使えば、比較的クリーンな画像に仕上がります。 

しかし複数の似たような ISO 感度でマージした際に、画像中の暗めだったりノイズの多い部分は積み重なって「成長」します。どういうことなのか分かりにくいかもしれませんが、トーンマッピングは小さな画像粒子や迷光を読み取り、細かいディテールとして扱います。そして HDR はそのようなディテールを引き立たせるのが役割です。もうお分かりですね!

空にかなり多くのノイズのある2枚の HDR 写真です:デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 3デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー4

ここで最も重要なトリックは ISO 感度を最下限値まで低くすることです。三脚を使い、できる限りクリーンなショットを撮ってみてください。しかし長時間露出もまたノイズを生み出すということも忘れないでください。中庸を見つけなくてはいけません。ISO 感度を100にして、ひとつのシーンで3枚のブラケット撮影をすると、400以上で撮影した時よりかなりクリーンな画像に仕上がります。

そのシーンの細部まで確実にとらえられるよう、できる限り低い ISO 感度で十分な枚数をブラケット撮影してください。つまり、暗めの光の中、あるいは高コントラストな状況で、3露出以上撮影してください。通常私たちはこのような状況で最低5枚は撮影します。EV値は +/- 1 段に設定します。こうすることで各露出の違いはわずかなものになりますが、Aurora HDR で作業する RAW ファイルを選ぶ際にはより良い情報となります。

青色には気を付けてください!デジラルカメラのセンサーには変な特性があって、青色光チャンネル対する感度は赤や緑より50%も低いのです。つまり青い部分が正しく露出されるためにはその部分は赤や緑より強めたり増幅したりする必要があります。 

青は画像の他の部分と比べ暗くなることが多く、暗ければ暗いほど、明るくした際のノイズが増えます。これが HDR で景色の画像をマージし、改良しようとして、空の部分のノイズが増えた理由です。先ほども述べたように、このようなノイズを低減させるためには全ての露出を正しく行うことが非常に重要となります。

Aurora HDR Pro を使って HDR 画像を作ろう:

デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー5

新しいレイヤーを作成し、プリセットを1つ選択する。ここではドラマチックプリセットを使用:

デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 6

青色の部分や全体のノイズの量を低減する方法は? あらかじめ「ノイズ低減」を使うことができます。Aurora HDR には驚くほど素晴らしいデノイズツールが搭載されています。しかしまずはじめに自分でノイズ問題に対処したいという方は、ブラケット撮影写真をマージする前に「ノイズレス」または別の「ノイズ低減」オプションを使うことができます。ただやりすぎには注意して、選択部分にノイズ低減を適用するアプリを使ってください。

コツ:ノイズ低減を適用するときは「ズーム」ツールを使ってください。なぜかというと、ノイズ低減ツールは 画像をなめらかに、ソフトにしすぎてしまう傾向があるのです。これでは、かっこいい景色ではなくアニメ画像や絵画のようになってしまい、 素晴らしい写真を台無しにしてしまいます。拡大すれば画像の中でノイズ低減がどんな風に行われているのか、細かく見ながら調整していくことができます。 

Aurora HDR の素晴らしい能力のひとつに、レイヤーとマスクがあります。ノイズ低減は、美しく見せたい部分のレイヤー全体に適用し、残りの部分の画像も選択的にペイントし、シャープに美しく仕上げることができます。

このようにノイズ低減を選択的に調整することができます:

デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー7デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 8デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 9

これがなめらかでデノイズされた空とくっきりとシャープな水と草です:

デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 10

Aurora HDR には HDR デノイズと呼ばれる素晴らしいノイズ低減ツールが搭載されています。「ノイズレス」にあるノイズ低減ツールで、より優れたパワーとコントロールを使って画像を完成させることもできます。どちらの方法においても、 パーフェクトな HDR 画像を作る鍵は計画をしっかりと立てて、できる限り ISO 感度を低くして撮影することです!デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 11デジタルノイズ & HDR<br>フォトグラフィー 12

Luminar 2018

短い時間で完璧な写真を作成。

こちらをクリック Luminar 2018を試してみる。

Luminar 2018

Luminar 2018を14日間無料で使用。

Editor Software Features review

おめでとうございます!

受信箱をお確かめください。お客様にコピーをEメールでお送りしました。

Software version review attention

ごめんなさい

既に登録されているようです。

Photo editor Software error

エラー

残念です。 Macphunのメールから すでに退会しているようです。 こちらで再講読してください。

Please wait